Skip to content

注意深く見る

       

先日、「しっかり見る、聞く姿勢を育てる」ことの大切さから

「相手の目をよく見る」ことについてお話しました。

今日は、「見る」ことについて

もう少し付け加えたいと思います。

    

カード等の教材を提示したときに

目がさっと向けられているか

また、見続けられているかを確認することが必要です。

うまく見られない場合は

カードを指さしさせたりするのも有効です。

ただし

チラッと見ただけでは

きちんと認識できているとは限りません。

しっかりと注視しているか、確認します。

    

      

対象をよく見ることは

ルールを覚え、模倣する力に繋がります。

たとえば書字がうまく覚えられない子どもたちは

見ること、模倣することが苦手なのです。

教室では、文字の形を教えるのはもちろんですが

          ・駒並べ(等間隔にまっすぐに並べる)

          ・リングタワー(2本の指でリングをつまみ最後まで静かに入れる)

          ・数字盤や動物盤での駒置き(マッチング)

          ・「一の指」を作らせる(先生の手本どおりに指を折る) 等

あらゆる学習を通して

「見る」力をつけていくように見ています。

筆記に関しても

          ・始点・終点の位置を確かめる

          ・トメ、ハネ、ハライがどうなっているか確かめる

          ・枠からはみ出さない

といったことに留意して指導しています。

「書ければいい、読めればいい」でないのは

筆記自体がまた、よく見る練習になるからです。

      

         

私たちの12項ではこのように続けています。

「注意深く見たり、聞いたりすることは

細かな違いに気がつき、さまざまな物事を認識し

話の内容を理解できる。」

     

そんな子どもたちに成長してほしいのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。