Skip to content

褒めること

 

子どもたちへの接し方でよく聞かれるのは

「褒めること」の大切さです。

しかし、「いつ、どういう時に、何に対して」褒めるのか、

そういう観点こそが大切なのではないでしょうか。

 

「褒める」という行動にのみとらわれると、

ポイントがずれたり、過剰な表現でおだてるようなことにもなりかねません。

教室では、褒めてよいのは以下の3つと示しています。

 

          1.与えられた課題をやりとげたとき

          2.指示を受け入れて不適切な言動を改めたとき

          3.望ましい言動をみせたとき

 

やりとげられるように
上手く大人がサポートできると
いいですね

 

子どもたちの言動や気持ちに少しでも応じる、改善しようとする姿勢がみえたときに

「それでいいよ」と認めてあげるといいでしょう。

そして、「がまんして待つことができたね」「何回も練習したからできたのね」と

どこが良かったのか、何をしたら良かったのかを

子どもの目を見て伝えることが大切です。

その繰り返しこそが

決まりを覚え、判断する力を育てていくものと思います。

教室にはいつも
季節の花が飾られています

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。