Skip to content

教材作成

言葉の力を高めるために、スタッフが知恵を出しあって作っている読解問題。

「いつ、どこで、だれが、どうした」の理解をはかるための一文読解や、

助詞や本文中のフレーズを利用した短文読解等、

手がかりがはっきりするように工夫しています。

また、本文も、身近な題材を取り入れて、状況がつかみやすいようにしています。

「この言葉は知っているかな」

「こういう言葉づかいのほうがいいのでは」・・・

あれやこれやと、子どもたちの顔を思い浮かべながら作るので、

一枚を仕上げるのもなかなか大変です。

 

スタッフ皆で知恵出し合って
作っています。

 

何にせよ

大切なのは手順を構築すること。

たとえば、「どこで」の「で」に注目させることで、

自分で見つけられるようになる。

そのような類題を繰り返すことで、

「どこ」にはどんな言葉があるのかが判断できるようになる・・・。

スモールステップと反復練習で基盤を作ります。

「わかる」「できた」を 重ねて

自信をもって取り組めるようになることが

次へのモチベーションになるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。