Skip to content

秋の便り

秋も深まり、冬ももう目の前です。

スタッフが近場の公園で、どんぐりやいろいろな木の実を拾ってきてくれました。

大きさや形の違うどんぐりを見比べたり、栗のいがの鋭さに声をあげたりと

子どもたちも興味津津。

男の子も女の子も、中学生も幼児さんも、目をキラキラさせて見ていました。

もちろん、保護者の方々やスタッフといった大人もワクワクです。

図鑑やチャート表と見比べて名前を当てるのも楽しいひと時です。

少しだけアンテナを高くして周りを見渡せば、

子どもたちの興味がもてるものがいろいろあるものだと思います。

「こんなものは興味がないだろう」と大人が勝手に思い込んで、

学習のチャンスを逃してしまうこともあるのかもしれません。

子どもの視野を広げるためには、先入観なしに提供することも大切だと思います。

発芽したどんぐり

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。