Skip to content

してはいけないこと

  

「友達をたたいてしまったと、学校から連絡が来ました」

時々こんな相談が教室に舞い込みます。

たたく、物を投げる、暴言を言う・・・

子どもの不適切な言動に、大人が振り回されます。

  

「大きくなれば自然におさまるよ」

「親の愛情不足」

「ちゃんと言葉で言えるようになれば大丈夫」

「子どもなりに理由があるのだから、聞いてあげよう」・・・

世間には、実に様々な意見が出回っています。

果たして、どれが正しいのでしょうか。

  

私たちは

「絶対にしてはいけないこと」があると

子どもたちに理解させたいと考えます。

どんな理由があろうとも、

手を出すことはやめさせなければならないことですし

自然におさまるのを待って、エスカレートしていくのを

手をこまねいて見ている訳にもいきません。

多様化の時代と言われますが

ゆるがしてはならないものがあると思うのです。

  

やみくもに叱り飛ばせばいいということでは決してありません。

それでも、

叱ることで「これはしてはいけなかったんだ」と

子どもに悟らせることは大切です。

小さい芽の段階で、繰り返し正しいことを示すこと。

これが大人の役割だと思うのです。

  

大人が覚悟をもって子どもに向かい合った時

ちゃんと子どもには伝わるものです。

だからこそ、

私たちはいつも真剣勝負で子どもたちと向き合っています。

  

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。