Skip to content

返事

 

私たちの教室では、挨拶とともに返事も大切にしています。

記事「あいさつ」はこちら

挨拶し、「はい」と返事することで

本人の中に「これから先生と学習する!」という前向きな気持ちと

指示を受け入れて応じる姿勢、学ぶ姿勢が生まれると考えるからです。

 

             ・視線を合わせたまま、相手の話を最後まで聞く

             ・タイミングよく「はい」と返事をする

              (うなずくだけや、「うん」は不可)

             ・適切な声量で言う

             ・返事の後は、すぐに口を閉じる  ・・・

 

返事一つとっても、確認するべきポイントはいくつもあります。

日頃から、返事によって指示を受け入れることを求められていると

たとえば、集中が切れて別のことに気をとられていても

「します」「はい」の応答だけで

さっと切り替えて、しなければならないことに気持ちを向けられるようになります。

ちょっと思い浮かべてみてください。

「あぁ、いいこだな」「しっかりしているな」と感じる子どもたちは

返事や挨拶をきちんとしているのではないでしょうか。

教室の子どもたちは、そうやって毎回求められることで

返事や挨拶の習慣をしっかり身につけていきます。

 

挨拶や返事は
「しなければならないこと」
子どもたちはよく理解しています。

小さな紳士・淑女がたくさん誕生しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。